もやしのダイエット効果は低カロリーだけじゃない?ビタミンB群の働き

もやし一袋243gのカロリーは34kcal。ご飯だと1膳分140gで235kcalになります。もやしは、典型的に「低カロリーでかさばる食材」。もやしで満腹感を満たせばダイエットに役立ちそうです。さらに、もやしは単に低カロリーなだけでなく、栄養素にも注目すべきところがあります。

脂肪の代謝に役立つビタミンB2

糖、タンパク質、脂肪をエネルギーとして燃焼するには、体の中の酵素の働きで代謝が促進される必要があります。ビタミンB群は「補酵素」とよばれ、酵素を助ける働きがあります。もやしに含まれているのはビタミンB2です。ビタミンB2は脂肪をエネルギーに変えるときに必要になるビタミンです。
また、皮膚、髪、爪などの細胞を再生する働きがあります。ダイエットにありがちな、肌荒れや髪のパサつきを防いでくれるのです。

カリウムでむくみを解消

むくみの原因は体内に留まっている余計な水分です。もやしに含まれるカリウムは体内の水分量を調整する働きがあります。塩分の多い食事をしていると、体は塩分濃度を薄めるために多くの水を取り込み
、体重増やむくみの原因になります。カリウムは余計な水分を排出するのに役立ちます。また、筋肉が正常に収縮するにはカリウムが必要です。不足すると、イライラや疲労感などの症状がでます。もやしは低カロリーながら、栄養面でもなかなか優れた食材なのです。

なんだかイライラするなと思ったら、カルシウムが足りなかったり、ビタミンB群が足りなかったりと、栄養不足が原因のこともあるようですね。最近では、ストレスを感じると肌が乾燥したり荒れたりするということも言われています。

肌が乾燥すると、小じわ、くすみ、毛穴の開きなどの原因になります。空気の乾燥にストレスが加わると肌が乾燥して肌荒れが起きやすいので注意が必要ですね。古い角質が残ったままだと、肌トラブルは増えやすくなるようです。角質除去にはピーリングが有効。ウィードクリアジェルは自宅でやさしくピーリングができる人気アイテムです。>>ウィードクリアジェルの口コミ!毛穴・ニキビ跡に自宅ピーリング